LUNATICA CAT DESIGN

スマホ・タブレット(Android)ではグーグルクロームのみ対応してます。上の画像タップ(タッチ)で動画再生になります。パソコンではモダンブラウザ(EDGE・Chrome・Firefox・Opera)推奨です。IE11で動画がおかしくなったときはタイトルクリックなどでリロードしてください。HTML5・CSS3対応ブラウザで游ゴシックに最適化してあります。VIDEOタグでの動画再生に対応しています。

スポンサーサイト

きんちゃん♂トライアル


0510.jpg

フレンドリーで甘えたなきんちゃん♂(多頭崩壊の猫。去勢済み)
がトライアルに行きました。

数日後、里親さんから
『高い所からジャンプして傷口から出血』

別の方からは
手術予定の♂猫が脱走して捕獲器を置いたら
『近所のボス猫が入って怖くて触れない

というメールがほぼ同時に入る。
仕事中だしどちらも遠いので電話で連絡。

きんちゃんのほうは緊急というほどの出血ではないけど
大事をとって里親さんが夜間病院に走ってくださった

ボス猫のほうは捕獲器を貸してくれた方が怖くないように(猫と人間が)
カバーをするだけの為にわざわざ行ってくださった。

動物の事だからいつも毎回予期せぬ事態が起こります。

でも、今考えると、子猫の入院も、きんちゃんの出血も、オス猫の脱走も
防ごうと思えば防げたかもしれない。自分の判断ミス・・・。
もし、命を落とすような事になったら一生後悔する事になる。

そして、予定外に捕まってしまったボス猫の手術費用は誰が出すのか?
という問題。

関係なくても誰かがしないといけない事。

ボス猫は近所でも有名な凶暴猫。派手な喧嘩で全身キズだらけ。
そろそろ『オス』から卒業させてやったほうがいいのではないだろうか?

というわけで運搬ボラだけのハズがはやりこういう事態に・・・


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ビジュアルリンク






検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。