LUNATICA CAT DESIGN

スマホ・タブレット(Android)ではグーグルクロームのみ対応してます。上の画像タップ(タッチ)で動画再生になります。パソコンではモダンブラウザ(EDGE・Chrome・Firefox・Opera)推奨です。IE11で動画がおかしくなったときはタイトルクリックなどでリロードしてください。HTML5・CSS3対応ブラウザで游ゴシックに最適化してあります。VIDEOタグでの動画再生に対応しています。

スポンサーサイト

緊急保護

DSC_5192_convert_20140526003833.jpg
猫のお届け中に知り合いの方から連絡あり。

「明日出産の妊婦さんが子猫を保護したので引き取って来てくれませんか?」と。

連絡をくれた方は今から飛行機に乗るので、引き取れないとのこと。

動物病院に行く途中、ちょうど近くにいる時にその連絡を受けるなんて。。。

連絡を貰ってから1時間後ぐらいには子猫を受け取っていたと思う。

妊婦さんはどうしたらいいかわからなくて数時間後には出産のために入院しなければならないのに
昨日から、病院行ったり、鳴きやまない子猫を抱えて公園でオロオロしたり、

よほど切羽つまっていた様子で、こちらが子猫を受け取ったとたんホッとされたのか安堵で涙ポロポロ

思わず「ちゃんと治療して、里親さん探すので安心して任せてください」と言ったけど

誰がやるの??まあいい、とりあえず病院行ってから考えよう。。。

検査はエイズ白血病陰性650g キジトラの男の子 推定2ヶ月弱

前日の病院ではレントゲン、栄養剤注射をしたらしい。きっと1万円以上かかったはず。

普通に歩いてるのに、レントゲン?うずくまってたから事故にあった可能性もあるから?
自力で食べるのに、栄養剤注射?と思ったけど

病院によって処置は色々ですね。そこは高くて自分では絶対行かない病院。昔行った時先生の感じも悪かったし。

でも一生懸命目も拭いてくれたらしい。じゃあなんで目薬出さないんだろう??

目薬とノミダニ駆除はこちらでしました。

あとは体力つけて、元気になったら里親募集です

スポンサーサイト

黒猫祭りのつづきと思うこと。

知り合いのボラさんが保護。黒猫の母猫1才と娘6ヶ月
どちらも避妊済み
20140522_154926 (1)

20140522_154826.jpg
特徴はとにかくおとなしい!抱っこ大好き。見知らぬ猫ちゃんは少し苦手。


この猫たちは、とある施設より依頼があり、保護された9匹。

なんと9匹中、7匹がすでに妊娠していた。
だから実際に"居た″猫の数は二十数匹。

9匹を1人のボラさんが、避妊、去勢、里親探しをしている。
費用はすべてボラさんが負担。

何匹かは依頼者の関係の方が貰ってくれたそうだから
猫を家族として迎えてもらうかわりに、費用を負担することをにしたのではないかと思う。

最近、ネットでは、手術する為に捕まえた野良猫が妊娠していたら『産ませてあげたい』という
書き込みをよく見る。

そういう方たちは、このような例に直面した時にはやはり産ませるのだろうか。

TNRなら、ほとんどの猫はその場にリリースできるから可能かもしれない。

だけど場所によっては「手術しても元の場所に戻してくれるな」という案件もある。

「引き取ってくれるのがボランティアじゃないの?(もちろん無償で)」増やした本人に当たり前のように言われる事もあります。

猫の中絶については、自分の言葉では上手く説明できないので

他の方のブログより引用させていただきました。
飼い猫の妊娠についても書かれています。


ここからは動物ボラではない人には、抵抗があるかもしれませんが…
不妊手術は妊娠していても、できます。


私の場合は、妊娠している。または、可能性がある個体は、手術します。
絶対に産ませません。なぜなら、自分が生ませなくても、
世の中に不幸な子猫は、あふれるほど生まれてくるからです。

自分がまず、一つの元栓を閉めることにより、
他の野良猫や、捨て猫の赤ちゃんが、もらわれる可能性があります。
まず、増やさないことが大事だからです。

(中略)

私たちは世の中から不幸な猫を減らすための活動をしており、
そのためには、家庭における不妊去勢手術の徹底が一番重要であると考えています。

(中略)
現在、猫の数は「飼える人」の数をはるかに超えています。需要に対し、供給過剰なのです。
飼ってもらえない猫たちの末路は、野良猫であったり、捨て猫であったり、保健所です。

この飼ってもらえない猫を減らすために、私は啓蒙活動として、不妊去勢手術の徹底をお願いしています。
どうぞ、ご理解いただければと思います。

妊娠した子の手術を、「かわいそう」と言ってしない人は、多いです。
産ませる人の多くは、「必ず里親を見つける!責任とる!」と言いますが、
その子猫をもらった人も、同じように増やます。
でも、その人は、きちんと里親を探すでしょうか?
仔猫が4匹生まれて、その子たちがまた4匹づつ産んで、1年で16匹になります。
その先は、無限大です。
そういって産ませていたら、猫はどこまでも増え、減らないんです。
そこから、野良猫や捨て猫が生まれます。


故意に妊娠させた、偶然妊娠してしまったにかかわらず、
自家繁殖をするという、責任の重さを理解して欲しいのです。
自分だけの問題ととらえずに、考えてみてください。


「かわいそう」と言う人は、もともと優しい人だと思います。
どうか、現実を知って、考えて欲しいんです。

感情的に野良猫のTNRボラを、「堕胎するなんて、ひどい!」と罵る人もいます。
TNRをひどいという人に言いたい。
毎日捨て猫や、みじめに死んでいく野良猫を見続け、世話をし、保護し、
もらわれないまま大きくなった保護猫を抱え、病気や障害を負って、
誰にももらわれない、世の中から捨てられた命を必死に守り、
どうしたらこんな不幸な子が、これ以上増えないようになるのか?
自分はこれ以上どうしたらいいのか?何ができるのか?

堕胎を反対する人は、そこまで追いつめられたことが、
考えたことがありますか?

全国、沢山のTNRボラが、心で泣きながら、詫びながら毎日手術しています。
今の時期は、繁殖シーズン。猫を捕まえるために、徹夜で張り込むボラさんも多いです。
血のにじむような努力をして、猫を減らす人たちの反対に、簡単に増やす人がいる。
増やすのは簡単。でも、減らすのは何十倍も大変。

猫が可愛いなら、猫が好きなら、
不幸な野良猫や、捨て猫を見たくないなら、
不妊・去勢手術をしてください。

きついことを言いましたが、私はもうこれ以上、辛い子たちを増やしたくない。
この気持ちを、理解していただける日が来ますように。



悲惨な現場を目の当たりにし、何年も苦労した人が身にしみて出る言葉。

中にはそれでも身を削ってでも授かった命は産ませたいという人もいます。
どこからが命かというのは難しい問題ですが

私が知ってる限り、何十年も動物ボランティアに携わっている方で
「野良猫が妊娠していたら産ませたい!」という方はいません。

もちろん手術不可能な時期で、保護中に出産してしまうこともありますが
それとは別です。


もし、妊娠している猫を避妊したくないのであれば、メス猫を保護する度にエコーを取って
調べなければわかりません。それよりも、とにかく妊娠前に手術することが大事です。

産ませるのは簡単、子猫は成猫に比べて需要が高い。だけど里親探しや終生飼育は確実な答えが
すぐに出るものじゃない。生まれた猫がみんな幸せになるなら
こんなに保健所送りになったり、捨てられるはずがない。

本当に適性に飼える人の数は無限ではない。
里親探しは常に椅子取り合戦です。

子猫が貰われる陰で、何年もシェルターで新しい家族を待ち続けている
老猫、障害猫、行政の収容動物に掲載されることもなく殺処分される猫のことがいることも考えてほしいです。

すべてを団体やボランティアが救っているわけではないのだから。

黒猫ブーム?

知り合いが保護したのも含めて、現在募集している黒猫です。
DSC_5118_convert_20140520044123.jpg
飼い主入院により、無人の家に取り残されたサツキ♀ 5才
家も無くなりました。大変な甘えん坊。他の猫はあまり好きでない。

DSC_4377-1.jpg
ゴンタ3才♂ 
繁華街で増えた猫。兄弟は大家さんに捕まえられ
保健所へ連れて行かれた。ゴンタは3畳に身を潜めている。

20140522_232116 (1)
TNRで保護。クロコちゃん♀ 3~4才エイズキャリア

20140522_225226-1.jpg
多頭崩壊の黒猫 クロちゃん♂ 3才
先月のトライアルでは先住猫にシャー言われつづけて
とうとう我慢ができなくなり反撃して帰ってくる。

20140522_225340.jpg
生後1ヵ月半 キジトラ♂はお見合い予定あり。
決まってないのは真ん中の黒サビ♀と黒猫♂

黒猫はみんな思慮深い、賢い、甘えん坊、で可愛いですよ

オッドアイミルクお届け

オッドアイのミルク♀をお届けしました。
名称未設定 1

他の猫の尿検査をしたついでにミルクの尿も検査したら
ストルバイト結晶が出ました。
検査結果もお渡ししてしばらく様子を見てもらいます。

1日目は押入れにこもりっきりで、夜中に運動会。
翌日はやってみんなのいる部屋に出てきてくれたとのこと

お届けした日に里親さんのAさんよりお届け交通費、等医療費で2万円いただきました。
ありがとうございますm(__)m

ミルクは避妊、ワクチン、検査済みです。
もし、トライアル中断となれば交通費以外のお金はお返しすることになると思います。

Aさんには後日、ストルバイト結晶対策のフード、cdかストルバイトケアをお送りしようと思います

何年か前に飼い犬の尿路が詰まってオシッコが出なくなった時は
ホメオパシーで詰まりが取れて尿がジャージャー出るようになったのですが

ストルバイトにはどうなのでしょうね・・・

ホメオパシーは店頭では手に入らないので、先にフードで様子を見てもらって
検討したいと思います。





譲渡会ありがとうございました。

お天気もよく沢山の方に来ていただきました。
遠くから足を運んでくださったご家族&スタッフの皆様ありがとうございました。
DSC_510228.jpg
ざんねんながら決まらなかったハチ君♂6ヵ月
DSC_5104_convert_20140520043756.jpg
同じく決まらなかったけど性格のいいサビ♀ちゃん5才 布団で一緒に寝ます。
DSC_5108_convert_20140520044030.jpg
トッポ♂はトライアル決定!
10329066_265345550317271_7333891838473205265_n.jpg
マロン♀もトライアルへ。

その他
子供さんの猛烈なプッシュによりネーちゃんO市にトライアルへ。

グレーくんはK市にトライアル。
DSC_5111_convert_20140520044053.jpg
グレーくんのお家でトッポもトライアル出発日まで一緒に預かってくれることになりました。

3年前よりお世話している多頭崩壊の黒猫ナナ♀2才もA市にトライアル決定!
1400272509488_convert_20140520051527.jpg
ぬーん。ナナです。
22.jpg
抱っこ大好き、玄関でお出迎えするので、お届けまで楽しみに待っててね。

次回のねこクラブたまさんの明石公園譲渡会は10月までありません。
5月でもかなり暑かったのでそれまでは室内での譲渡会を検討中だそうです。

来月6月は1日に神戸三宮で譲渡会です。



5/18(日) 猫の譲渡会 参加猫

★猫の譲渡会のお知らせ★

5月18日(日)12~15時

場所:明石公園 雨天中止、有料Pあり

参加猫の一部です。
071 (1000x750)
ヌーくん♂4才おっとり優しい
45002.jpg
りんりん♀ 5ヵ月半 人懐っこく可愛い
cat_34562_1.jpg
チコちゃん♀ 5ヵ月半ケージが落ち着く子
cat_34608_1.jpg
チコちゃんの弟 ハチくん♂ 少し怖がりさん 猫が好き
4501.jpg
グレー♂くん 5才 おとなしくお留守番OK シャンプーなどお手入れには慣れていません

c208048.jpg
黒猫ジジ♀ 5才 甘えた おとなしい 飼い主入院により。今は窓の外を悲しそうに見ています。

DSC_5071.jpg
チャトラ チャーちゃん♂ 甘えた おとなしい 飼い主入院。

DSC_5097.jpg
白きじ ちび♂ 5才 撫でるとゴロゴロ 飼い主入院により家も無くなることになっています。
預かりさん緊急募集です!!

1399258536433-1.jpg

 






きんちゃん♂トライアル


0510.jpg

フレンドリーで甘えたなきんちゃん♂(多頭崩壊の猫。去勢済み)
がトライアルに行きました。

数日後、里親さんから
『高い所からジャンプして傷口から出血』

別の方からは
手術予定の♂猫が脱走して捕獲器を置いたら
『近所のボス猫が入って怖くて触れない

というメールがほぼ同時に入る。
仕事中だしどちらも遠いので電話で連絡。

きんちゃんのほうは緊急というほどの出血ではないけど
大事をとって里親さんが夜間病院に走ってくださった

ボス猫のほうは捕獲器を貸してくれた方が怖くないように(猫と人間が)
カバーをするだけの為にわざわざ行ってくださった。

動物の事だからいつも毎回予期せぬ事態が起こります。

でも、今考えると、子猫の入院も、きんちゃんの出血も、オス猫の脱走も
防ごうと思えば防げたかもしれない。自分の判断ミス・・・。
もし、命を落とすような事になったら一生後悔する事になる。

そして、予定外に捕まってしまったボス猫の手術費用は誰が出すのか?
という問題。

関係なくても誰かがしないといけない事。

ボス猫は近所でも有名な凶暴猫。派手な喧嘩で全身キズだらけ。
そろそろ『オス』から卒業させてやったほうがいいのではないだろうか?

というわけで運搬ボラだけのハズがはやりこういう事態に・・・


入院中の子猫

DSC_5002.jpg
入院してる子猫に会って来ました。
預かりさんは、ほぼ毎日面会に行ってくださってます。ありがとうございますm(_ _)m

450450.jpg
体重は980g→840gから1kg超えました。
入院しても食欲があまり落ちなかったのは良かったです。
DSC_5000.jpg
気付いたら起き上がってすぐに甘えに来てくれました。
本当に可愛くて性格のいい子です(*^^*)

image450.jpg
面会に来た預かりさんにしがみついて離れなかったそう。

フラフラしていた歩き方も気にならなくなっていました。
右側の顔の腫れもだいぶマシに。

あと数日で退院できると思いますが
日曜日の譲渡会は参加できないかもしれません。

弟くんの代わりにお兄ちゃん参加予定
20140509_171620.jpg

★猫の譲渡会★
5月18日(日)12~15時
場所:明石公園 雨天中止、有料Pあり

1399258536433-1.jpg

今回は前回より子猫が多いかもしれません。
みなさま、ぜひ猫たちに会いに来てくださいね♪









また高齢者の猫問題

また、、高齢者による猫問題です。今年に入って何件目でしょうか。

認知症のため入院で猫が無人の家に取り残されていると。

多頭崩壊ほど数が多くないのは♀だけ家族が説得して避妊していたから。

DSC_4920_convert_20140513041841.jpg
DSC_4918_convert_20140513041952.jpg
母猫(黒猫)は隠れて見えない。
DSC_4913_convert_20140513042119.jpg




猫問題だからといってボランティア任せはダメです。

避妊去勢や、新しい飼い主探しは行政の仕事であってほしい。

血税を使って殺す愛護センターなんていらない。その建物、人件費、莫大です。
莫大な費用は不幸な命を増やさないために使って欲しい。

人助け、猫助けのために個人ボラが自腹を切り続けていれば、活動は短期間で終わってしまいます。
本来は手術費、交通費など経費は頂いて、時間と労力だけを提供するのがボランティアだと思いますが
経費すら踏み倒されることもあります。

今回の件は、地域猫の会さんのサポートもあるし、ご家族も精一杯頑張っておられるので
手術の運搬のみ引き受けました。もちろん手術費用は頂きます。
預かりはこれ以上できません。(募集のお手伝いはすることになるでしょう)

当方は愛護団体ではありません。愛護団体さんの譲渡会に一般参加はさせていただいてますが。

助けている側が多頭崩壊になれば、今度は自分が他人に迷惑を掛けることになるので
これ以上キャパオーバーする訳にはいきません。

高齢者の猫問題は家族、親戚一丸となって乗り越えて下さい。何十匹という数でないのなら。
身内なんですから。
アレルギー、住宅問題、家族の反対。事情は分かりますよ。

でもうちだって同じです。
私も家族も喘息持ちで中度以上の猫アレルギーです。借家です。家族も反対してます。

人助け、猫助けはみんなで協力しましょうね。

フェイスブックやツイッターで拡散しても、『毎回同じ人』が保護しているだけじゃ
見せかけのレスキューに過ぎません。隠れた多頭崩壊が起きているかもしれません。
特定の個人が何十匹も抱えて、殺処分ゼロにしている地域もあります。

助けたいなら、みんなが動くこと、まず自分が動くことです。

サビちゃん頑張っています。


保護した時から腎不全と言われたサビちゃん♀。

自宅点滴を開始してからとても調子がいいです。

体重1.5kg→2.1kgに増えました。

でもまだ痩せっぽち。本来は3kgぐらい欲しいところです。

ある程度増えたのでカロリーの高いフードから

「腎臓サポート」と「キドニーキープ(国内産)」に変えました。
療法食も問題なく食べてくれます。


飲ませていたサプリは鉄、ネフガード(炭)

それからS様より頂いたプラセンタ。
DSC_4805.jpg
肝臓・腎臓の働きを強めてくれるそうです。
IMG_20140429_170138-1.jpg
初乳が入ったミルクとフードもS様より頂きました。

S様、高価なサプリメントやサビちゃんの為になる物を色々ありがとうございます。



お水はこの水素水をしばらくやっていました。
DSC_4984.jpg

症状が重かった時は貧血もひどく眠ってばかりいて
そうすると食べる量がますます減って悪循環になるので

「腎不全にはブラッシングがいい」と聞いて
コタツからサビちゃんをひっぱりだしてブラッシングしました。
そうすると気分転換になり少し食べだします。

抱っこはキライだけどブラシは大好き。
名称未設定 1

人間用のブラシと
DSC_4874.jpg
猫用のソフトなブラシ
DSC_4882.jpg
お得意のポーズ。

パサパサだった毛ヅヤも少し良くなりました。

次の血液検査の結果がよければいいのですが。
奇跡が起きているかもしれないと思いつつ・・油断は出来ません。


4501.jpg

空き家から保護した時は風邪と目ヤニでもっと奥目でした。

お鼻も顔も小さくて性格も可愛いサビちゃん。
まるで小さな花のように可憐でかわいいサビちゃん。

頑張れサビちゃん!応援よろしくお願いしますm(__)m

DSC_4797.jpg
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ビジュアルリンク






検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。